ジャパン・ウォーター・ガード JWG ジャパン・ウォーター・ガード トップイメージ
●21世紀の環境保全と豊かな水辺を取り戻すために●
地球の水を守ろう!!
| HOME | 設立趣旨 |  組織概要 | 活動内容 |  水の学習室 | 会員募集 | 水質浄化作戦 | サイトマップ | リンク
地球の水をまもろう!
水の学習室
   − 目次 −

1.水の基礎編

2.水危機編

§1.世界の水危機
水不足による健康被害
温暖化で加速する
  水資源の偏在

地下水枯渇による
  農業用水不足

水不足と汚染による
  生物多様性の低下

水不足による地域紛争
仮想水貿易
将来の見通し

§2.中国の水危機
北部地域 北京・廊坊
南部地域 上海・蘇州・太湖
雲南省 昆明市"てん池"

§3.水質問題
水環境問題の原因と現状
河川の水質問題
湖沼での水質問題
海域での水質問題
  -赤潮

§4.環境破壊の
      原因と現状

地球温暖化
オゾン層の破壊
森林破壊
砂漠化

3.水環境対策編

fall1
fall2
   

水の学習室
第2章 水危機編

§2.中国の水危機

 中国は、年10%を超える経済成長を続け人口13億人を超えますが、こと水となると世界平均の4分の1の水しかありません。
 予測によると、2030年までに中国の人口は16億人に膨れ上がり、一人当たりの年間の水資源は1760㎥まで下落し、国際的な水不足の指標とされる1700㎥まで接近すると警告しています。中国の大多数の都市が水不足となっており、人口100万人以上の都市で見ると、32の大都市のうち、30の大都市で水不足となり、首都「北京」が最も厳しくなっています。
 北部の乾燥地帯では、水面からの蒸発や地下水の過剰採取により水不足は加速し、水の供給量の多い南部では、河川や湖沼が深刻な水質汚濁のために、利用できる清潔な水は不足してしまい、水の豊富な長江や珠江のデルタ地帯ですら水不足となっています。
 このように中国の水危機は、世界の水危機の象徴であり、世界の工場とも台所ともいわれる中国の水危機は、もはや中国だけの問題でなく世界の安定と繁栄を脅かすこととなっています。なおさら、地理的にも、経済的にも大きな関わりを持つ日本への影響は、極めて大きく、この中国の水危機を解決することが、日本の課題ともいえます。
 JWGでは、世界の水危機への対策として、まず隣国中国の汚染された環境水の水質浄化活動を開始します。


■中国の水危機のポイント
・中国の一人当たりの水資源は世界平均の4分の1である。
・都市の90%の地下水、河川、湖沼の水の75%が汚染されている。
・水質汚濁の広がりのため、毎日7億人が汚染された飲料水を飲んでいる。
・水が原因の病気により、驚異的な数の早死者が生まれている。
・政府は下水処理施設への投資による水質汚濁の軽減を計画している。
・北京市などが認定した飲料水が販売されているが、その飲料水を偽造して販売している
 ことも多く、正規の飲料水を購入することが困難とされている。


北部地域 北京・廊坊

   ■廊坊市

 廊坊市は、河北省の直轄市で、北京市と天津市の中間に位置し、両市の発展に伴いその恩恵を受け、交通至便な文化学研都市である。石油、石炭、天然ガス等鉱物資源が豊富であり、農業は北京市と天津市の食料基地として高い生産性を上げている。現在、市街地は大規模な都市計画により開発が進んでいるが、水不足という点では北京市と同様である。都市計画によって、市街を取り巻く幅10m、延長23劼隆直水路を建設し、下水処理場の処理水を放流し再生水として利用する計画である。

  • 面積    6429
  • 人口    約396万人

 ★廊坊市当局よりJWGに対して、水環境改善技術協力の要請が届いています。

    
廊坊市のお堀

南部地域 上海・蘇州・太湖

   ■上海
  大きな地図で見る

 中国にある直轄市の一つであり、中国最大の河川 「長江」河口南岸に位置し、河口島である崇明島、 長興島などを含み、北部から東部は江蘇省・西南部 は浙江省と接する。東は東シナ海(東海)に面する。 市街地は長江の支流である 黄浦江を遡ったところに ある。黄浦江の河口は呉淞口と称して港があり、崇 明島などの島や市外への航行に用いられている。

 中国最大の商業・金融・工業都市で、一人当たりGDPは香港以外では国内最高水準である。1978年の改革開放政策により、外国資本が流入して目覚しい発展を遂げた。現在も1992年以降本格的に開発された浦東新区が牽引役となって高度 経済成長を続けている。また上海市指導部から江沢民、朱鎔基、呉邦国、曽慶紅、黄菊ら中華人民共和国の国家主席、総理などの指導部を輩出している。

  • 面積:6340.5
  • 人口:1867万人
       

   ■蘇州

 蘇州は、江蘇省東南部に位置する地級市(地区クラスの市)。古くから絹織物で発展した国家歴史文化名城であり、上海市に隣接する地の利があり、現在も省の経済的中心である。長江の南側にあり、長江デルタの中心部、太湖の東岸に位置する。東北側には、上海蟹の産地として名高い陽澄湖がある。古来、北京と杭州を結ぶ京杭大運河が通るなど、水運もよく利用されている。北部の太倉、常熟、連雲港の長江沿いの地域には、水運を生かせる大規模工場が作られている。運河による水運が生活に溶け込んでいることから、旧市街地及び周辺の水郷地帯を含めて、水の都「東洋のヴェニス」と呼ばれる。

  • 総面積:8488 、市区面積1650
  • 総人口:591万人、市区人口217万人(2003年)

 ★水の都蘇州の運河にて、炭素繊維による水質浄化実証を行います。

    
蘇州の運河


   ■太湖

 太湖は長江デルタに位置する。大運河ともつながり、多くの中小の河川が流れ込み、またここから蘇州を流れる蘇州河や上海を流れる黄浦江などの河川が発している。これら太湖周辺の水系はすべて最後は長江に流入する。湖周囲の都市は、北岸の無錫、西岸の宜興、東岸の蘇州(いずれも江蘇省)、および南岸の湖州(浙江省)であり、各都市の重要な水源となっている。
 古代の太湖は東シナ海の一部であったが、長江と銭塘江が運ぶ土砂で沖積平野が形成された結果、海から切り離された潟湖となり、やがて雨量の多さや流入する無数の河川の淡水によって次第に淡水湖となっていった。古くから太湖周辺では農業や国家形成が活発で、かつて太湖は震澤、具区、笠澤、五湖などと呼ばれた。

  • 太湖面積:2250km(琵琶湖の3.5倍)
  • 平均水深:2.0m
  • 最大水深:48m
  • 湖面海抜:3.33m
  • 周囲距離:400

 中国五大湖の一つで、鄱陽湖、洞庭湖に次ぎ中国で三番目に大きな淡水湖である。湖には大小約48の島が浮かび、多くの半島が連なり、湖を囲む峰の数は72を数える。洞庭東山、西山、馬跡山、三山などが著名な山々で、これらの山や湖が入り組む景観は天然の絵画ともいえる美しさを呈している。無錫の山水風景、世界遺産の蘇州古典園林、呉の古跡、宜興の丘陵地の洞窟群などは一体となって太湖風景区を形成している。

   ■太湖の汚染

 太湖の藍藻の大量発生には、流域の工業化による環境破壊が大きく影響していることがかねてから中国でもいわれている。無錫市環保局によれば、温暖化に加えて2007年前半の小雨状態が太湖の水位低下を招き、1月〜4月にかけての水位は過去25年間で最低のレベルにまで達した。その結果、太湖の富栄養化現象が例年になく進み、数十年前までは50兪宛紊世辰晋伉譴離悒疋軈悗癲∈では1m以上堆積して、このヘドロに蓄積されたリンなどの富栄養化原因物質が、藍藻の繁殖を助長している。
 太湖の汚染は、特に西北部が深刻となっている。生態系の破壊が進み、1960年代には160種類監察された魚類も、今では60〜70種類に、また回遊する魚に関してはほぼ絶滅してしまった。
 無錫市の太湖水域は、2007年5月に深刻な汚染により、水道水から異臭を放ち、飲用できなくなった。住民たちはミネラル・ウォーターを争って買いあさり、蘇州や上海から大量のミネラルウォーターが運び込まれた。水道水の異臭発生は、気温の上昇および雨が降らなかったため、太湖の水位が急激に下降し、藻類の過剰繁殖がもたらされ、水道局の取水口が汚染されたことによる。


Copy right©JWG All rights reserved.