ジャパン・ウォーター・ガード JWG ジャパン・ウォーター・ガード トップイメージ
●21世紀の環境保全と豊かな水辺を取り戻すために●
地球の水を守ろう!!
| HOME | 設立趣旨 |  組織概要 | 活動内容 |  水の学習室 | 会員募集 | 水質浄化作戦 | サイトマップ | リンク
地球の水をまもろう!
fall1
fall2
   本文

“JWGの活動を台湾へ”

台湾 

台湾は人口約2268万人、面積約3万5980と九州程度(日本の約10分の1)の大きさであり、台湾島とその周辺諸島及び
金馬地区と東沙諸島・南沙諸島から構成されています。
 台湾北東部は日本の琉球諸島の西方海上に位置しており、最も近い与那国島との距離は
 110km以下です。台湾は台風の襲来が多く、毎年平均3〜4個の台風に襲われていますが、
 その降雨により給水の大きな部分を賄っています。
 また、日本と同様に地震活動が活発な地域であり、日本と同じ火山帯に属し、温泉も豊富
 にあります。

 台湾は電子部品産業など急速な工業化により経済発展しましたが、排水処理施設の整備
 が追いつかず汚水が河川に直接流れ込んでいます。また、豊かな生活により生活排水が
 河川に流れ込み、富栄養化の原因にもなっています。

 JWGでは、台湾での水環境問題を解決するため活動を開始します。
                                         台湾からの視察の様子
 大きな地図で見る


★台湾での普及に伴い行政院環境保護署を訪問
行政院環境保護署は、中華民国の行政院に属する環境行政に関する業務全般を担当する省庁であり、日本の環境省に相当します。
今回、行政院環境保護署内にある水質保護処の金魚鉢に、台湾で第1号となる炭素繊維の設置を行いました。

                
正面玄関ホール 行政院環境保護署の前にて撮影

台北 

台北市は、263万人超(2008年4月)が居住する中華民国の実効統治区域中最大の都市であり、東アジア屈指の世界都市です。
1949年以来、中華民国の実質的な首都として、政治、商業、教育、大衆文化、物流の中心地としての地位を確立しています。
面積は約272で四方を台北県に囲まれており、急速な人口増加のため、台北盆地の山際まで都市化が進展しています。
北部は夜市で有名な士林、山の手高級住宅地の天母、温泉で有名な北投から、外港として栄えた淡水にいたります。中心部
は古くから栄えた地域であり、日本時代の建築や清時代の遺構が多い地域です。
また、台北市内は淡水河の流域に分類され、淡水河は主流以外に支流の新店渓が大同区、万華、公館、景美などの地域を
流れています。

                
信義区の台北101 士林の夜市
高さ509.2mの超高層ビル 夜間に飲食、遊戯や雑貨の買い物ができる市場


■淡水河
台湾北部を流れる台湾3大河川の1つであり、全長約158.7km、台湾第3位の流域面積約2726を誇る川です。
狭義の淡水河としては大漢渓と新店渓の於板橋江子翠での合流地点から淡水油車口河口までの範囲を指します。
淡水河は北部地区の主要な水源であり、大漢渓上流には石門水庫が、新店渓支流の北勢渓には翡翠水庫、基隆河流域には
新山水庫が設けられています。
台北は淡水河と基隆河の水上輸送により発展しましたが、河底の堆積物が増え、淡水河の水路としての利用価値は年々低
下していきました。しかし観光産業が発展するにつれ、多くの旅行者が、台北を育んだ淡水河に親しみと関心を持つことになり
ました。そこで近年台北市は、淡水河の大幅な補修を行い、淡水河にもう1度命を吹込みました。

★経済部水利署第十河川局にて、淡水河での炭素繊維の採用が検討されています。

                
温泉街全景 露天風呂
↑淡水河上流の温泉街
                
淡水 淡水の夕日
↑淡水河の河口に位置し、「台湾のヴェニス」と言われるほど美しい街

台中 

台中市は人口約105万人、面積約133の台湾第3の都市であり、台湾中部では最大の都市です。台湾中西部に広がる台中
盆地に位置し、周囲を山地に囲まれています。
四季を通じて気候は温暖であり、商工業が発達し、文化的な活動も盛んで、街は夜遅くまで人々で賑わっています。

■台中公園
1903年に現在の場所に台中公園が建てられ、今日に至るまで106年の歴史があります(2008年現在)。
園内には木々が生い茂り、百花繚乱で、園の中央には池があります。また、望月亭、砲台山などの旧跡があり、百年の老木も
あります。野外音楽ステージや子供の遊び場、テニスコートなどの多くの行楽施設があり、市民に開放されています。レジャー、
行楽と昔を懐かしむ機能を兼ねそろえています。

台中公園内の池  左(流入側)  水質の違いが目視で分かります  右(池)  

南投県 

南投県は台湾中部に位置し、人口約53万人(2007年9月)、面積約4106の台湾で唯一の内陸県です。
風光明媚で人情味にあふれた県で、台湾最高峰の玉山や風景区の日月潭などの観光スポットがあり、森林資源が豊かで気候
も温暖なため、サマーリゾート地や森林遊楽区が多い地域です。
また、豊富な温泉資源を持ち、東埔温泉、埔里温泉、廬山温泉、国姓温泉の四大温泉区があり、春陽と紅香などの温泉地区も
あります。

★JWGでは、南投県の埔里にある湖(鯉魚潭)の水質浄化作戦を開始する予定です。

■鯉魚潭(炭素繊維設置予定の池)
総面積0.19、池を囲む環湖歩道総長2.2kmの湖であり、埔里の桃源郷とも言われる風景区です。湖畔の東側には台湾唯一
の水上リゾートホテル「天水蓮大飯店」がお城のように佇んでいます。

                
水上リゾートホテル「天水蓮大飯店」 炭素繊維設置予定箇所


Copy right©JWG All rights reserved.