本文へ トップページへ ジャパン・ウォーター・ガード JWG ジャパン・ウォーター・ガード トップイメージ
●21世紀の環境保全と豊かな水辺を取り戻すために●
地球の水を守ろう!!
| HOME | 設立趣旨 |  組織概要 | 活動内容 |  水の学習室 | 会員募集 | 水質浄化作戦 | サイトマップ | リンク
地球の水をまもろう!
fall1
fall2
   本文

旧芝川再生プロジェクト vol.1 現地見学会

2006年5月14日(日) 関東近隣から約60名の参加にて見学会が行われました。


旧芝川 旧芝川再生プロジェクト



鳩ヶ谷南八丁目町内会皆様により「えひめAI」の作り方、使い方説明会

えひめAIの使い方 素敵な宇宙船地球号
「えひめAI」の作り方/「えひめAI」の使い方


炭素繊維による水質浄化 群馬工業高等専門学校小島昭先生が説明を行いました。

炭素繊維浄化実験仕様
1、実験水域 長さ30m×幅5m=150屐⊃綽写50cm(ヘドロ50cm以上)
2、炭素繊維浄化材  CFK-1 ムカデ型      300本
              CFS-2 カーボンタフト   40本
              平織り型           40本
3、木炭6kg入りネット袋(40cm×60cm) 100袋     総量600kg

小島昭教授による説明 炭素繊維の状況
小島昭教授による説明 炭素繊維の状況



複合型植生浮島浄化法


複合型植生島浄化法
 植生浮島浄化水域はヘドロを全て浚渫し曝気
 を行い、炭素繊維浄化水域はヘドロが堆積した
 現状のままで炭素繊維と炭の設置のみでの浄
 化でしたが、同様に良好な水質結果を得られま
 した。


※これらの浄化施設は、5月末日をもって撤去されますが、炭素繊維浄化施設は上流側(芝川水門
 下)に再び設置されます。


「旧芝川再生プロジェクト 特集ページ」 トップ



Copy right©JWG All rights reserved.